みたから

CATEGORY :

TOP / 【杏林大学とのコラボ企画】 タイプ別のおすすめ商品で、正月の不摂生による健康不安を解消! 1月24日(金)には健康イベントも

アトレヴィ三鷹のシーズン情報

【杏林大学とのコラボ企画】
タイプ別のおすすめ商品で、正月の不摂生による健康不安を解消!
1月24日(金)には健康イベントも

2020.01.06

さあ、2020年がスタートしました。年末からの楽しいイベント続きが一段落し、そろそろ通常運転に戻りたいところですね。けれど、なんとなく体が重かったり調子がでなかったりと、連休中の不摂生が体にこたえていませんか?
そこで今回の記事では、“健康や栄養のプロ”である杏林大学保健学部准教授の大久朋子先生のお力をお借りして、読者のみなさんのタイプを診断できる「正月不摂生フローチャート」をご用意しました!
そして、そのチャートのタイプ別に、アトレヴィ三鷹がおすすめする“正月不摂生解消”商品を紹介します。
また、1月24日(金)には、同じく保健学部教授の石井博之先生をはじめとする先生方のプロデュースによる『食事・運動・健康相談コーナー』が、JR三鷹駅改札内4Fに登場します。
自身の健康状態に合った食事や運動を心がけ2020年、体に良いスタートを切りましょう!

まずは大久朋子先生に作成いただいた「正月不摂生フローチャート」をチェックして、自身のタイプを確認しましょう。設問にYESかNOで答えて辿り着いた先が、あなたの“不摂生タイプ”です。

あなたはどのタイプでしたか?
それでは、それぞれのタイプにどのような食事がおすすめなのか、大久先生に教えていただきましょう。

「飲みすぎタイプ」は、肝臓に優しい食事を心がけて
「お酒を飲んで肝臓が一生懸命働いた後は、タンパク質とビタミン類を多く含む食事がおすすめです。肉類・魚類・鶏卵・大豆製品・牛乳・乳製品にはタンパク質が多く含まれています。ビタミンを多く含む野菜と一緒に摂取するとさらに良いでしょう」

「食べすぎタイプ」は、消化の良い食事がおすすめ
「食べすぎのときは、胃腸を休ませることが大切です。消化が遅い脂質や胃腸に負担をかけてしまう塩分は、なるべく避けるのがベターです。また、いも類やわかめなどに多く含まれる水溶性食物繊維は腸内環境を整える働きがあり、おすすめです」

「ダラダラタイプ」は、水分摂取でデトックス!
「寒くて体を動かすのが億劫だと、ついダラダラしてしまいますよね。そうすると体の中に老廃物が溜まり、いざダイエットに励もうとしても結果に繋がりにくくなります。老廃物を体外に排出するには、水分の循環が大切です。塩分は少なめでカリウムの多い食事を心がけてください。サニーレタス、セロリ、お手軽にレンジでチンしたカリフラワーなどがおすすめです。十分な水分摂取もお忘れなく!」

「冷え冷えタイプ」は、体の中から温めて冷え改善を
「それなりに体も動かしているのに手足の先が冷たくなったりむくんだりと、冷え性で悩んでいる方は結構多いですよね。カプサイシンを含む唐辛子や、ショウガオールを含む生姜などを使った食事で、体をしっかり温めましょう。また、ネギ類、ニンニク、ニラに多く含まれる硫化アリルには、血行を促進する働きがありますよ」

「Good!!」なあなたは、旬の食材を取り入れて
「このタイプは、体の中のバランスが取れている状態です。健康維持のために、旬の食材を食卓に取り入れてはいかがでしょう? 旬の食べ物は、おいしいのはもちろん、栄養価も高い状態です。この時季、お野菜では大根や春菊、白菜など、魚介類では鱈やブリ、牡蠣などがおすすめです。りんごやみかんも今が一番おいしい季節です」

杏林大学保健学部・准教授の大久朋子先生、管理栄養士としての現場経験も豊富です

アトレヴィ三鷹からのおすすめ商品

アトレヴィ三鷹のスタッフが、“正月不摂生対策”におすすめの商品をタイプ別にピックアップしてみました。さらに、各メニューに大久先生の一言コメントをいただきました!

「飲みすぎタイプ」におすすめ!
◆鶏三和(改札内3F)の『ももねぎま串(たれ)』(1本184円)
味わい深い鶏肉の旨味と香ばしいねぎの風味が相性抜群な、同店自慢の焼き鳥串です。

「鶏肉はタンパク質が多く、調理時に余分な脂肪を落としている焼き鳥は、疲れた肝臓にやさしい一品です」

「食べすぎタイプ」におすすめ!
◆KINOKUNIYA(改札外3F/改札内3F)の『ロイヤルブレッド』(6枚切り・8枚切りともに324円)
ほどよいコクとふんわりとした食感に仕上げた食パンです。

「糖質はとても消化の良い栄養素です。食パンには糖質が多く含まれているので、胃腸が疲れているときにもおすすめできます」

「ダラダラタイプ」におすすめ!
◆QUEEN'S ISETAN 三鷹店(改札内3F)の『国産ほうれん草と宮崎県産切干大根の胡麻和え』(1パック322円)
切干大根のやさしい甘みと食感がアクセントになった、彩り鮮やかな副菜です。

「野菜類のなかでも特に切り干し大根には、体の余分なナトリウムを体の外に出す効果があるカリウムが豊富に含まれています」

◆Green gourmet(改札内3F)の『1/3日分野菜 緑黄色野菜のビタミンACEサラダ』(トマトオニオンドレッシング付、1パック540円)
1日に必要とされる摂取目安量の3分の1の野菜が摂れるサラダです。緑黄色野菜をやさしい酸味で仕上げ、トマトオニオンドレッシングでまとめています。

「塩分量が低く、デトックス効果が期待できる一品です」

「冷え冷えタイプ」におすすめ!
◆スープストック トーキョー(改札内4F)の『生姜入り7種の野菜の和風スープ』(イートイン 649円、テイクアウト 637円)
生姜、玉ネギ、長ネギ、キャベツ、人参、ごぼう、水菜等が入った、滋味あふれるスープです。和風だしの旨みと生姜の風味が口の中で広がり、食べ進めるごとに体が温まります。

「冷え改善に効果が期待できる食材を多く含んだ一杯ですね。ランチタイムのプラス一品にもおすすめです」

◆豆狸(改札外3F)の『鷹の爪ごぼう煮いなり』(1個172円)
自家製のかえしで鷹の爪とごぼうを炊き上げた、三鷹店限定のおいなりさんです。

「鷹の爪(唐辛子)に含まれるカプサイシンは、冷え改善効果が期待できます」

◆桂林 常菜房(改札内3F)の『桂林麻婆豆腐』(100g302円)
辛みと旨みのバランスがクセになる、人気の麻婆豆腐です。唐辛子を原材料とする豆板醤をはじめ、ニンニク、生姜、ネギと冷え改善に有効な食材をたっぷり使用しています。

「温かい料理は、それだけで体を温めます。特に麻婆豆腐には冷え改善に有効な食材が多く含まれています」
※「桂林 常菜房」は、2020年1月19日をもちまして閉店とさせていただきます。

◆ニッポンスタンダード(改札外3F)の『国産黒蒸し生姜粉末』(540円)
効果的に体を温める栄養成分を含んだ、生姜パウダーです。新鮮で貴重な、乾姜(カンキョウ)と呼ばれる国産生姜を熟成させ、安全で使いやすい減菌粉末加工にしています。

「調味料として料理のアクセントに、また、嗜好品としてお使いいただくのに良さそうですね」

アトレヴィ三鷹には、他にも不摂生解消に役立つメニューがたくさん!

◆KINOKUNIYA(改札外3F/改札内3F)のハパンルイス ヴォッカ 1/2本 183円 1本 356円
食物繊維を多く含んだ、ライ麦を使ったパンです。

「ライ麦は、血糖上昇指数(GI値)が低く、血糖の上昇が緩やかです。また、不溶性食物繊維を多く含むため、便秘対策にもなりそうですね」

◆QUEEN'S ISETAN 三鷹店(改札内3F)の『食べるをかえる からだシフトシリーズ』
無理なく“おいしく”健康的な食生活が続けられる、人気の糖質コントロール食品です。このシリーズには、ごはん・カレー・インスタント食品・スープなどがラインナップされています。

「糖質が30~50%抑えてあるので、減量したい人は効果が出やすいでしょう」

◆鶏三和(改札内3F)の『鶏レバー』(1本162円)
ビタミンAと鉄分が豊富な、鶏レバーの焼き鳥串です。

「鶏レバーは、鉄分の中でも特に吸収の良いヘム鉄が豊富に含まれているため、貧血にお悩みの方におすすめの食材です」

1月24日(金)、自分の健康状態をチェックできる相談会も実施!

また、不摂生によって崩れてしまった体のバランスを整えるには、食事面の改善に加え、適度な運動も大切です。
そこで、1月24日(金)16時~18時、JR三鷹駅改札内4F「MUJI com」前に『食事・運動・健康相談コーナー』を設置します。
当日は、体組成計や血管年齢測定器を使って自身の体脂肪率や体内状態を知ることができるうえ、杏林大学保健学部教授の石井博之先生をはじめとする先生方が、食事や運動に関する相談に乗ってくれます。
「年齢や体の状態に応じた運動の始め方、継続するためのアイディアを提供します。お気軽にお立ち寄りください」(石井博之先生)
「運動を始めようと思ってはいるものの、何をすればよいのか誰に相談すればよいか悩んでいる方は多いはず。この機会にぜひ私たちにご相談ください」(相原圭太先生)
2020年、今よりももっと健康になりたい方は要チェックです!

杏林大学保健学部・教授の石井博之先生(左)と同・助教の相原圭太先生(右)

『食事・運動・健康相談コーナー』
日時:2020年1月24日(金)16:00~18:00
場所:JR三鷹駅改札内4F「MUJI com」前
参加費:無料
問い合わせ先:TEL.0422-47-8052(杏林大学地域交流課)
※所要時間の目安は、各種測定・個別相談15分程度です。
取材・執筆・撮影:H.MURABE

ARCHIVE