みたから

CATEGORY :

TOP / 農家ごはん第8回 「バレンタインやティータイムに! お手軽ラングドシャ」~さつまいも&リンゴのペーストと、柑橘香るホワイトチョコクリームを挟んで~

農家ごはん

農家ごはん第8回
「バレンタインやティータイムに! お手軽ラングドシャ」
~さつまいも&リンゴのペーストと、柑橘香るホワイトチョコクリームを挟んで~

2020.02.10

画像

今回は、手軽に作れるラングドシャのレシピを紹介します。
4つの材料を同じ分量で混ぜてオーブンで焼くだけというシンプルな工程なので、お子さんと一緒にチャレンジするのにもおすすめです。注目の吉田さん流アレンジは、サクサクのラングドシャ生地に、今が旬の八朔を使ったガナッシュや、さつまいも&リンゴの組み合わせが美味しいピュレを挟んでバレンタイン仕様に仕上げます。人気のフレーバーティーを添えて、大切な人ギフトにいかがでしょう? バレンタインはもちろん、ホワイトデーにも必見です!

【材料】

○ラングドシャ生地 (直径約4cm×10枚程度)
※卵白を基準にすべての材料を同じ分量で用意します。
・卵白 卵Mサイズ1個分 ※約30~35g
・グラニュー糖  卵白と同量
・バター 卵白と同量
・薄力粉 卵白と同量

画像

○柑橘香るガナッシュ(作りやすい分量)
・ホワイトチョコ 40g(市販の板チョコ1枚)
・生クリーム 50cc
・柑橘の果汁 20cc ※今回は八朔1/4個を使用

画像

○さつまいも&リンゴのピュレ(作りやすい分量)
・さつまいも 100g (中くらいのサイズ1/2個ほど)
・リンゴ 50g (1/12個ほど)
・生クリーム 50cc
・水 50cc
・砂糖 15g
・バター 4g
・レモン汁 大さじ1
・カルバドス 大さじ1 ※他の洋酒で代用可

画像

【ラングドシャの作り方】

1.生地を作ります
(1)
バターをボウルに入れ、室温程度の温度でポマード状になるように混ぜます。
※夏場はあらかじめ室内において、冬場は湯煎など(電子レンジを使う場合は、600W・10秒が目安)でバターを常温に戻します。湯煎の場合、加熱しすぎるとバターが分離するので注意してください。乳白色の状態を保っていればOKです。

画像 画像

(2)
溶けたバターに砂糖を加えて白くなるまでよく混ぜます。砂糖のジャリつきがなくなるまで、約30秒を目安に一気に素早く混ぜましょう。

画像 画像

(3)
卵白を2~3回に分けて(2)に加えます。クリーム状になるまで混ぜます。
※作業中にバターが冷えすぎて分離したら、50度くらいのお湯で湯煎し、均一にクリーム状になるように混ぜます。

画像 画像

(4)
薄力粉をザルなどでふるいながら(3)に加え、粉気がなくなるまでよく練ります。

画像 画像

2.生地をオーブンで焼きます
(1)
1で作った生地を、オーブンペーパーを敷いた天板の上にスプーンなどで薄くのばします。スプーンで伸ばし終わったら、天板を台の上に叩きつけて生地を少し広げます。 画像 画像 画像

(2)
180℃に熱したオーブンで15分程焼きます。
※焼き上がりはパンのように柔らかで、冷めるとパリっと固まります。

画像 画像

【柑橘香るガナッシュの作り方】

ホワイトチョコと生クリームをボウルに入れて湯煎で溶かし、溶けたら火からおろし、柑橘の果汁を少しずつ混ぜながら入れて完成です。
※冷めてくるとクリーム状に固まるので、その状態でラングドシャに挟みます。

画像 画像 画像 画像 画像

【サツマイモ&リンゴのピュレの作り方】

(1)
サツマイモの皮を剥き、1cmほどのダイス状に刻んで鍋に入れ、水と砂糖を加えて火にかけます。
沸騰したら蓋をして水分がなくなるまで茹で、最後に生クリームを入れてなじませます。

画像 画像 画像

(2)
フライパンにバターを入れて火にかけて溶かし、皮を剥いて薄切りにしたリンゴを軽く焦げ目がつくまで炒めます。リンゴがしんなりしてきたらレモン汁、カルバドス(洋酒)を入れてさらに加熱してアルコールを飛ばします。

画像 画像 画像 画像

※カルバドスを加えると、火が燃え上がります。火傷しないよう十分に気をつけてください。

(3)
(1)と(2)と生クリームをフードプロセッサーに入れ、ペースト状になれば完成です。
※裏ごしするとより滑らかなピュレになります。

画像 画像

◆ラングドシャ生地で挟んで出来上がり◆

ホワイトチョコクリームとサツマイモ&リンゴのペーストを、焼きあがったラングドシャでそれぞれ挟んで完成です。
軽やかな食感のラングドシャは、美味しい紅茶と一緒に味わうのがおすすめです。

画像

吉田さんの農家コラム

「ラング・ド・シャ」は、フランス語で“猫の舌”という名前のクッキーです。その名の響きから、オシャレなイメージがありますが、作り方は、卵の白身の分量を起点に4種の材料を全て同量に揃えて混ぜて焼くだけという、実はとても男っぽい料理なんです。
今回は中身にサツマイモ&りんごのピュレやホワイトチョコのガナッシュを挟みましたが、中に何も挟まず、クッキー単体としても成立します。とてもカンタンで、お菓子作り初心者でも美味しく作れるのでおすすめです。
さあ、バレンタインにお子さんやパートナーの方にプレゼントを貰った男子諸君! お返しに、ラングドシャ作りにチャレンジしてみては如何でしょう? 親子一緒に作るのも楽しいですよ。
私も、先日農園のお隣に住むちびっ子兄妹を招いて一緒に(実験的に)作ってみましたが、ふたりに多くの作業をさせてみてもラングドシャは美味しく完成し、私はちびっ子ふたりからモテモテになりました(笑)。楽しく作って、ぜひ紅茶と一緒にご賞味あれ!

今回紹介した商品はコチラ

MLESNA TEA(ムレスナティー)『cubebox』
1箱 税込777円

画像

完成したラングドシャと一緒にいただいたのは、紅茶大国スリランカの高品質紅茶ブランド「MLESNA(ムレスナ)」社のフレーバーティーです。天然の茶葉が持つフレッシュな香りと、雑味のないナチュラルなテイストは、世界中の紅茶ファンを魅了しています。味わいが深いのでコーヒー党にもおすすめです。
また、ムレスナティーと言えば独創的なパッケージも話題で、四角いボックスにティーバックが11包入った看板商品『cubebox』は、華やかなデザインの箱にポエムのようなメッセージがびっしり書かれているのが特徴です。「心をこめて“ありがとう”の紅茶」「虹色のおたんじょうびのおいしい紅茶」など感謝やお祝いのメッセージが書かれた種類のものもあり、ギフトにもおすすめです。
アトレヴィ三鷹・改札外4階にある書店「有隣堂」で購入可能です。

画像 画像

協力:吉田農園 吉田晴彦
撮影:キリンニジイロ 鈴木智哉、T.Miura
取材・執筆:H.MURABE

ARCHIVE